スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教科書全部捨てられた話

高校1年生の頃だった。


【華の高校生】
JKはブランドである。


入学式も済み、明日から授業が始まる。
新しいクラスメイト、新しい先生、そして、
高校生スタートの第一歩である授業...。


「高校生の勉強って中学と違って少し難しいのかな。」
なんて思いをはせていた。


私は、わりと真面目だったので授業が始まる数日前に
教科書たちにネームペンで自分の名前を書いて、
リビングのすみに置いておいた。



そして明日から授業が始まるタイミングで
時間割を確認しながら、バックに教科書をつめる....


予定だった。



...いくら探しても、その教科書がない。
ないない....ない!!!

確かに、ここに置いたはず。
しかし置いた場所に教科書がない!!!



どういうことだ((((;´・ω・`)))



ひとりでに教科書が動くなんてことあるはずもない。



もしかしたら、他の場所にずらしたのかもしれない。
そう思いながらも部屋中を探すがどこにもない


親なら何かしら手がかりを持っているかもしれない。
私は母に尋ねてみることにした。



りっちー:
「ねぇ、教科書知らない?ここに置いといたはずなんだけど..」


母:
「それなら全部捨てたよ。中3のでしょ?」



「は( ゚Д゚)!?!?!?!?!?!!?」




りっちーかたまる....。



母:
「…。捨てたよ?」


りっちー:
「いやいやいやいや。捨てたよ?じゃなくてww明日の授業で使うやつだったんだけど!!…ゴミ収拾車まだ来てないよね..?」


母:
「昨日きた。」



りっちー:
「冗談だよね??冗談と言ってくれ!!」



母:
「あんたが資源ゴミの隣に置いとくからでしょ?ゴミだと思うじゃない。」


りっちー:
「ゴミなわけないでしょwwwちゃんと確認してよ!!!!!明日の授業どうすんのよwwwwww」



母:「知らないよ!紛らわしいことしないでよ!!!」


母・りっちー
「..........(°_°)」


りっちー:
ブッフ....」
何故か笑いがこみあげてきて、噴きだしてしまったw


教科書は捨てられてしまったので翌日は、
何も持たず学校に行き、教科書を全て友達に見せてもらうことになった。
教科書の入っていないバックは非常に軽かった。


友達:
「なんで教科書全部もってきてないの?」

りっちー:
「捨てられちゃったんだ☆」

しょっぱなからこのスタートは結構キツかった(笑)



それから一週間かけて教科書を学校の書店で日に日に買っていった。
合計額約1万円。
実にもったいない。


母が払ってくれました。







コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんわ

初日だと流石にツライですな

でも、後に笑い話になるならオールOK!ですよね

Re: No title

>もっさん

そうですね(笑)
こうしてブログネタにもなっているので
OKですwww
プロフィール

B.りっちー

Author:B.りっちー
多趣味女子大学生。
最後の学生生活でできることってなんだろう。
ぶっとんだことしてみたい。
バカなことしてみたい(´゚д゚`)


フォローミー!↓↓

ランキング参加中!
ポチってくれたら ニヤニヤします(私が)
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。