スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セラピスト道

元もみほぐしのセラピスト、りっちーです。

突然の暴露。


ここのブログでどんどん素性を明らかにしてきていますが、
アルバイトの一環として実はセラピストをやっていました。


大学3年生の頃、半年という期間でしたが...。


はい。人の体を親指で押すアレです。


「グゥ~~!!」



まず、セラピストになる道のりは以下の通りです。

①応募
②研修(短くて1か月、長くて半年。合格できずにやめていく人もいる。)
③店舗配属→デビュー。





普通のアルバイトだと、いわゆる店長と面接をして、合否が出ると思いますが、
セラピストは面接はありません。
腕が良ければデビューする。それだけなのです。
完全な実力社会...。


ちなみに研修期間は給料、出ません。


自動車免許のように、空いてる時間にひたすら研修所に通い、
先生から、もみほぐしのコツを伝授され、誰かの身体をもみ続けます。


最終的には、先生に対して施術を行います。
頭~首、 肩、 背中~腰、 足のそれぞれのパーツの点数が80点以上いけばデビューです。
(足つぼもやるのですが、これは特に点数化はされませんでした。)


ずっと通っているのにデビューできない人は戦力外通告され、研修所を追い出されますww


りっちーは、その日に研修所で教わったことを、
友達で実験しまくったこともあって1か月でデビューすることができました。



さて、晴れてデビューしましたが、実際、稼げるの?
と気にはなりませんか?


申し上げると...ズバリ、そんな稼げません!!!



そもそも、りっちーはなんでセラピストになろうと思ったかというと、
高い時給と、手に職つけたいという好奇心からでした。
時給は1800円...魅力的です。


しかし、落とし穴がありました。
施術時間が300時間を超えない限り時給は1500円。
そして、お客さんが来ないと稼げない!!


セラピストは歩合制のところが多いです。

歩合制とは、やった分やったらだけ給料がもらえるということ。
つまり、お客さんが0なら給料も0なのですwwww


1回5時間シフトに入ったことがありましたが、お客さんが1人も来ず、
その日の収入は0。

「やってられっかよ!!!!」



私は1度も施術していないのに、同じ店舗にいるおばさんセラピストは常に施術をしていました。

そう、そのあばさんはマッサージが上手いのです。
おばさんは色んなお客さんから指名を獲得していたのです。


稼ぐには、「指名」を獲得するしかない。
私の店舗にいる人はみんなベテランセラピストだったので
腕では真っ当にやり合うことはできないだろう。

トークでお客さんの心を奪う...それが私の戦略だった。


外国人のお客さんが来た。
周りに英語を話せるセラピストはいない。

これはチャンスだ。


留学経験がある私は、外国人に対して恐怖心がなかった。
笑顔でそれっぽい英語でご案内。。

貴方、英語うまいのね。あなたを指名するわ。


そう、これが私の初指名だった。



その後も頑張ってみたが半年で獲得した指名は、
合計して、結局7人だった。


就活を機に、セラピストをやめることになったがチャレンジしたという
ことはわりと大きな自信になったと思う。

ただ、時給に惑わされない方がいいということは言える。





【自分の親指をご覧なさい】

IMG_0183.jpg

これは、りっちーの指です。
この指は、いわゆる立ち指というやつで、親指があまり曲がらないタイプの指。

立ち指だと、お客さん結構痛がりますww
肌と接地する面積が狭い分、力が伝わりやすいんです。
しかも、セラピスト側も指を痛めるリスクがあります。


よく、親指がぐにゃーーんって曲がる人、いませんか?
そんな人にはマッサージをすすめてみてください(笑)





スポンサーサイト

クリスマスの夜に【後編】


この話の続き。
見ていない方はこちらからご覧ください。↓
クリスマスの夜に【前編】




一週間が経った。あれから、ミサとトオルの距離はだんだん狭まっていった。
しかし、ミサには気がかりな点があった。


それは、トオルが自分のことを全く話してくれないことだ。
家族構成、職業など。それに必ず夜の20時には、帰ってしまう。
彼は、次の待ち合わせ場所と時間を口頭で告げると、足早に去っていく。
携帯はもっていないらしく、会う以外でコミュニケーションをとることができない。


会ったときは、ミサのことを1番に考えてくれるし、
いわゆる恋人らしいことをしてくれる。
優しくてかっこいい。理想の彼氏像ではあるものの、どこか穴が開いたような気分になる。
もっと彼のことを知りたい。謎が多すぎる関係。
これが従来の恋人関係なのかと思うと少し疑問だ。


ミサは、トオルと別れた後、彼の後を追ってみることにした。
トオルは、ミサとの出会いの場でもある、古い建物に消えていった。

一体あそこで何が行われているというのか。


トオルのことが気になって仕方がない。
なんせ初めての彼氏である。

完全に初めてのボーイフレンドに夢中になっていた。



冬の公園。
ベンチに腰掛けてミサは口を開いた。

「ねぇ、なんだか寂しい。」
毎日会っているうちに距離は縮まってきてはいるものの、
心のどこかに開いている穴のふさぎ方が分からない。



「寂しい?なんで?こうして毎日会ってる。」
トオルはミサの目をまっすぐに見据えて答えた。
その瞳はなんだか、冷たかった。


「はは、なんだよ。俺は好きだよ、ミサのこと。」
トオルはミサの手に自分の手を重ねた。


「だってトオル何も教えてくれない。いつも私ばっかり自分のこと話してて...」


そうミサが口を尖らせて言うと、トオルは少し困り顔で笑った。

「あんまり自分のことしゃべると感情移入...」


「え?..」


「はは、なんでもない。謎が多い男って魅力的じゃない?俺はミサのことがもっと知りたいと思う。だから聞いちゃう。」


「私もトオルのこと知りたい。」


「ねぇ、そんなに俺のこと知りたいの?例えばどんなこと?」
ミサの顔を覗き込むようにトオルは聞いた。


「えっと...趣味とか、家族構成とか?あと、なんで首にスイッチがついているか...」


「このスイッチを押せば、俺は眠る。再びスイッチを押さない限り再び目を覚ますことはない。」


「あなたは...人間?」


「人間だよ。あったかいでしょ?」
トオルはミサの肩を抱き寄せた。


「じゃあなんでスイッチついてんの.....。」


「ミサ、これ見て?」
トオルはボタンのようなものを取り出した。
それは、トオルの首についているソレだった。


「なにこれ。」

「これを首に当ててみると、一瞬の電流と共に、俺みたいになる。その代わり、俺の首のスイッチは外れる。」


「へ....へぇ。なんか、、、すごいね。」


「これをミサがつけたら、俺はミサの言う、人間になる。でも君は人間じゃなくなる。なんてね。」


「ねぇ、それつけるとどんな気分になるの?」


「気分というより...全てが分かるよ。俺たちの関係のことも含めて。」


「ちょっと怖い。」
怖いけど、知りたい。


「これは連鎖なんだ。君がこれをつけた瞬間、俺のモノは外れる。君が、俺についていたソレを他の誰かにつけてもらえば君のモノは外れる...。人間じゃなくなるなんて、一時的なものだよ。それに、これを付けたからと言って、俺たちの関係は変わらない。」


静かな公園に、木々の揺れる音が響き渡る。


ミサは、そっとスイッチを首につけた。


首に鋭い電流が走る。
気がついたらミサは狭い部屋に横たわっていた。

暗い。埃っぽい。


「目が覚めたかい?」
声のする方に首を傾けると、あの老婆がいた。


「あなたは...」


「つけたんだね、首に。」


首を触ると、スイッチがあった。

「あんたは充電式の人間型ロボットになっちまったんだ。21時までに充電しないと、あんた、死ぬよ?」


トオルが毎日20時には帰っていた光景が思い浮かぶ。

「悪いけど、充電器はここにしかないんだ。必ず夜にはここに帰らなきゃね。特に恋人代行を行う以外は私の言う事を基本的に何でも聞いてもらうことにしてる。奴隷生活だよ、はっはっは!さっそくだけど、肩をもんでもらえるかい?」


「...はい。」
ミサは老婆の肩をもんだ。
力を込めて、痛がらせることもできるだろうけど、それをしてしまったら自分の命に保証はない。


「こんな生活が嫌なら、あんたのスカートのポケットに入ってるソレを他の2人につけるんだ。そうしたら開放される。トオルはアンタが二人目だった。だから開放された。今は何やってるか知らないけど、まぁ想像つくよ。彼はね、元はホストでね。今頃、女あそびでもしてるんじゃないかね。」


「え...そんなはずない!!」


「おやまぁ。アンタはここに来て5日になるけど、トオルは一度も顔を見せてないよ?利用されただけだよ。」


利用されただけだよ....老婆の声が反復する。
涙が溢れてきた。絶望。暗い闇の中にミサの心は沈んでいった。


「悔しいだろう?だったらあんたもさっさと2人にソレつけて、開放されて、仕返しでもしたら?」


「....はい。」


-----------------------------------------------------------


「ミサ、出番。」


「はい。」
ミサは一直線に進んだ。渦巻く欲望と共に。



扉を開けるとミサは、不安げな顔をした制服を着た青年に話しかけた。
「こんばんは、私ミサです。今日からあなたの彼女になります、よろしくね!」



END





クリスマスの夜に【前編】

※この物語はフィクションです。





アルバイトが終わったミサは、ボーっとしながら帰り道を歩いていた。

コンビニの前でサンタのコスプレをした人たちがケーキを売っている。
サラリーマンのおじさんが照れくさそうにケーキを受け取っていた。
家族にでも買って帰るのだろうか。

街中を見渡す限り、2人組であふれかえっている。

そう、今日は---クリスマスイブだ。






イブにアルバイトなんて味気ない。
でも何もしないよりは何かしていたい。
そんな思いでアルバイトのシフト入れたが、失敗だった。


ミサの働く飲食店の店内はカップルで賑わっていた。

「(まぁそうなるよね…。)」


18歳のミサ。彼氏は18年いない。
同じグループのメンバーが着々と彼氏を作っていく中、
自分だけが恋人を作れないことに焦りを感じていた。

「リア充爆発しろ!!!」

そんなミサの気持ちにお構いなしで、友達は彼氏自慢、いわゆる「惚気(のろけ)」をしてくる。


「へぇ、優しい彼氏さんだね。」
と言いながらも心の中では、
「リア充爆発しろ!!!」
「リア充爆発しろ!!!」
と呪文のように唱えていた。


彼氏は欲しい。でも、良いと思う人が全くいない。
いつか、いつか自分にふさわしい人が現れると信じてはいるものの、その「いつか」が来る気配はまるでない。
自分に恋愛は一生できないのではないだろうか。、とさえ思い始めていた。


アルバイト中にもカップル。
夜の街にもカップル。
「ゴキブリのように沸いてきやがる...。」


カップルの結ばれた手を空手チョップでほどき、男女にそれぞれ一発ずつビンタを食らわした。

もちろんこれはミサの想像の話である。


「どこにも行かないで家でのんびり過ごしてた方が良かったかなぁ。」

ミサは空を見上げるように視線を上にずらした。
夜9時の空。街中は明るいのに星は綺麗に見えた。
男は星の数ほどいるのに、なんで私には出会いがないんだろう。


『カラン...』
よそ見をしていたせいか、空き缶を蹴飛ばしてしまった。
空き缶が転がっていった先には、細い道があった。


「(こんなところに道なんてあったっけ...)」



アルバイト帰り。
同じ帰り道を2年間も歩いているのにも関わらず、
こんな道があることに気がつかなかった。


細い道を進んでみると、古びた木造の建物が見えた。
店の前には看板があり、「恋人あります」と黒い文字で書いてある。


「(お店…?)」
胡散臭い看板に少し警戒しつつも、中に足を踏み入れてみる。



店にしては、中は暗く、そしてガランとしていて人の気配が感じられない。
奥に小さなドアが1つあるだけである。
しかし、恋人ありますとはどういうことなのだろうか。
イケメンのお兄さんが出迎えてくれてハグでもしてくれるというのか。

「はは、バカらしい。」


来た道を戻ろうと踵を返したその時。


「おねぇさん、ひとり?」


ビックリして振り返ると声の主は老婆だった。
奥の扉の前に立ち、不敵な笑みを浮かべている。
さっきまで人の気配がなかったのに...
ミサは気味の悪さに恐怖を感じた。


「いや!えっと…友達とこれから会う約束があって...」
ミサはとっさに嘘をついた。


「それを聞いてるんじゃない。あんたは今、ヒトリなのかを聞いてるんだよ。」



「…。」


「店の看板を見て、ここに入ってきたんじゃないの?」


少し間をおいてようやく理解した。
この、おばあさんは私に彼氏がいるのかを聞いているのだ。



「まぁ...ヒトリですけど…。」


「この扉の奥に、あんたの理想の恋人がいるっていったら信じる?」


「え?...」


「まぁ信じられないのも無理はないかもね。けど本当のことしか言わないよ。興味があるならついてきな。」


ミサは好奇心に負けて、老婆についていくことにした。
「...(なんかあったらすぐ逃げればいいだけだし。)」

小さな扉が開かれる。中は埃っぽかった。
狭い部屋。


そこには、端正な顔立ちの青年が倒れていた。

「言っとくけど、死んでないよ。」


「眠ってる?...」


「そう。起こしてやっておくれよ。首にボタンがついてるでしょ?それを押すんだ。」


ロボットなのだろうか。
ミサは首についているボタンを押した。
『カチ...』



「あなたは...」
青年は目を開いた。


驚いて固まるミサに代わり、老婆は口を開いた。

「あんたの彼女。」

「あなたが俺の...よろしくお願いします。トオルです。」

青年は笑みを浮かべると、いきなり握手を求めてきた。
同い年くらいだろうか。まあなんとよくできたロボットだ。


「あぁ…こんばんは。」
恐る恐るトオルの手を握り返す。
トオルの手は、あたたかかった。



「金はいらない。恋ってのは金で買うもんじゃないからね。それじゃお幸せに。とっとと出ていきな。」

老婆に、店の外に追いだされる。


「さ、じゃあ早速デートしよっか?」


ミサの頭は混乱していた。
「ごめんなさい、私何が何だか…あなたは…」


「トオル。さっき紹介したよね?俺のことは、トオルでいいよ。」


「はぁ…。」
そもそも、この人..いや、人と言っていいんだろうか。
首にボタンがついていること自体、意味が分からない。
レンタル彼氏なんてのが流行っているが、それとはまたちょっと違う気がするのだ。


「幽霊とか超能力とか訳わかんないこととか君は信じる?いきなり俺が君の目の前に現れて恋人ですなんてビックリだよね。でも、それは君の価値観だよ。こんなことが普通に起こる世界だってあるんだ。この経験を通して、君は新しい価値観を手に入れる..。一つ言えること、それは、今君と俺はカップルだってこと。あまり深く考えずにこの現実を受け入れてみない?」

トオルは私の手を取ると、古びた建物を後にした。


後編はこちら↓
クリスマスの夜に【後編】









近況報告!!!


ご無沙汰しております。
約2週間の期間が空いてしまいました。
もうなんか1か月ぶりくらいな感じがしますww


この2週間の間に色々なことがありました。
・卒論奮闘
・卒業提出(卒業年度間違えて出しちゃったwwww)
・引っ越し→一人暮らし開始
・家具組み立て
・寝袋生活



なんとか元気にやってます。

ども、りっちーです。



やっと家にポケットWifiが届いたので更新しています。
いやぁ...ネットがないとホント不便よねぇ( ゚Д゚)


えっとですね、卒論は無事終わりました。

【卒論】
2万字書かなくちゃいけないんですが、自分の思ったこととかを主観ベースに
文字に起こしてはいけないので、全然書けずww

文章の文末に目立たないように少し自分の意見を足して、教授に出すと、
「ここいらない。」と私の意見書いてあるところ全部赤線ひっぱってあって...ぶっ〇ろすぞ(´゚д゚`)


結局、表と図でページ数を稼ぐ戦略にいたしまして、
字数にして17000字くらいなんですが、かなりページ数はいったので出してきました。


いやっふうううううううううぅぅ!!!
何はともあれ、山は越えた!!!!


心理学をやっている私の卒論概要ザックリ↓

①何が人を幸福にしてるんだろう
②調査すっぞ→有意な結果出ない(クソ)
③幸福なんてさ、その時の気分で決まるじゃん。絶対的な幸福なんて存在しないんだそもそも!(やけクソ)
④じゃあ反対に、人を不幸にするものって何だ?
⑤幸福の反対は不幸ではなく、退屈らしい。
⑥刺激を求めて動く人は不幸になりづらいね。



(完)


ところで。

卒業年度を2016と書かなくちゃいけないんですけど2017にして出してしまいました。
私の卒業は1年、先送りになるかもしれませんwwwww



【引っ越し】

誰の手も借りず、全て1人でやってやる。


これが私のポリシーである。


あ、一人暮らし初期費用で今まで貯めていたお金の半分以上が消えました。


(;^ω^)


生きることの意味を考えさせられる。。。
働かなくては......。

引っ越し業者は頼まないで、家具とかは全部買って送ることにしました。

しかし、これが遅かった....。

引っ越しは卒論提出の翌日ということもあって全然準備してなかったのですwww
(なんで卒論の翌日に引っ越しなんだよという突っ込みはご遠慮ください。)


一人暮らし、初日。
とりあえずできることをしようと思いまして、床を掃除。
IMG_6713.jpg

何もない環境。
手には雑巾。

床を磨くことしかできませんwwwww

あとは、電気とかガス、水道の使用開始連絡をしました。


午後に赤いラグが届きました。
ラグの上に寝袋でその日は過ごしました。
IMG_6715.jpg


一人暮らし、2日目

家具が届かないwwwww
ずっと待ってたのにwwww
配送業者どうなってんだよ(;^ω^)

部屋にはラグと寝袋だけ。
こんな寂しい環境ありますかwww
なんでもいいから家具届いてほしかったwww

さすがに寂しすぎたので、お酒を1缶買って、小さな階段の部分で飲みました。
IMG_6717.jpg


一人暮らし3日目

フロア証明、テレビ台、テーブル、タンスが一気に届きましたwww
昨日の分が全部まわってきた感。。。
まるで飲食店の混む時間と混まない時間の波のようである。


誰の力も借りないというのがポリシーなので、
自力で全部組み立てました。
組み立てて1日が終わったwww
おにぎり2個しか食べてないwww

でも、おかげで少しよさげな部屋になってきましたよ。
IMG_6721.jpg


ただ、まだベッドとソファーが届かないので寝袋生活です。
寝袋、あったかいです。
しかし、固い床で寝ると身体が痛くなります。
りっちー、背中痛めました。



家電もまだ来てません。
準備遅すぎたwwww


ところで、テレビは必要でしょうか?
テレビ欲しいのだけれど、学生の財布には少し厳しいので相談...




物件決めてきました。さぁ、一人暮らしだ!!!



個人的な報告記事です。




りっちー(10000)、一人暮らしの部屋を決めてきました。


↑卒論書けば書くほど、かっこ内の数が増えていきますwwww
あと10000字書けば卒業できるぅ!!!!



今日は内見して、ビシッと部屋を決めてきました...。
あぁ...憧れの一人暮らしッ。
駅まで徒歩1時間の生活からやっと解放される...(バスでは20分)

夢が叶う!!

おしゃれなレイアウトに夢見る女子大生...
ここまで一人暮らしに夢を抱いてる人っているんでしょうか(笑)


さて、
りっちー的に物件を気にする3つのポイントがあります(1人暮らししたことない素人が何言ってんだww)。

1つめは、広いこと
2つめは、綺麗なこと
3つめは、壁が厚いこと です。



特に3つめは重要なわけですよ。


何故なら、騒音問題で悩む人が多いからです。
夜、隣の部屋から聞こえてくる音で眠れなったら...
集中して作業したいのに騒ぎ声が聞こえる...
仕事で疲れて帰ってきて一息つきたい時に変な声(笑)が聞こえたら....

anger-18615_640.jpg



壁が厚いに越したことはありません。



何より、私は音楽が好きだから、音楽をそれなりの音量で聞きたい!!!
(あわよくばギター弾きたいww)



内見前にここに住もうと思って決めていた部屋がありました。

広いし安いし最高だなと...(築年数が45年って除けば)。



りっちー:
この部屋がいいなって思ってるんですが..壁の薄さってどうですか?音楽鑑賞が趣味なので...



不動産:
えー...実はこの部屋、騒音問題が原因で退去になった物件なんですよね..。隣にお子さんがいるらしくて...。



りっちー:
本当ですか?...




なんだと!!!!


子供がうるさいのが分かる...が!!
子供の声が筒抜けということは、私が音楽を流した瞬間、
その音楽も隣に筒抜けということになる。



そんなことは...


許されない..。




最悪、防音加工でもしようかとも思ったんですけどね..
実際に、物件を見て幻滅しました。


築年45年だとね...ここはオブラートに包まずに言いますが。

ボロイです。



外装は良くなくても、内装が綺麗なら別にいいっっしょって感じだったんですけど。
実際に見るのと写真で見るのとでは全然違いますね。


写真だけで判断してはいけません(´゚д゚`)



私の中では、その部屋はナシでしたwww



ということで、部屋探しを振り出しに戻りまして...



結局、5件くらい内見して、最後の部屋に決めました。
決め手は上の条件3つです。



決めてきた物件ですが


1ルーム。


11帖。


広い。




さぁ、レイアウトどうするwwww


ある程度の広さがあるので、わりと家具がおけそうなんですが、
問題は1ルームということですね。


良い意味では、オリジナリティのある部屋ができる。
悪い意味では、配置が難しい。
といったところでしょうか(笑)


審査が通れば12月の下旬から引っ越すことになります。

こだわりのレイアウトをその時に、
このブログを通じて紹介できたらなと思ってます。

まぁ、あくまで審査通ればの話ですがwwwww
審査落ちたら....


その時はまたその時で怒りのブログを書きますwwww






真夜中のギター練習


12月になりました。
新しく楽器を買って1週間ほど経ちましたが、
まだ興奮おさまらぬ、りっちーです。


アコースティックギター。

家で弾くのも良いんですが、せっかくなんで
「公園」で弾いてみようかなと思いましてw


しかし、卒論を学校でずっと書いていたので
あたりは夜になってしまいました。


まあ夜の公園で悲しげに、「あぁ~~卒論おわらねぇ~~つらい~~♪」と
感傷に浸ってみるのもアリかなと思いまして。。



では、聞いてください。

曲名:『つらい』


歌詞:


私は気づいてしまった
もう1か月もないことに

冷たい風が肌につきささる
これが現実だ....






やめましょう。
悲しくなってきました。


弾ける曲をとりあえず弾こうということで、
レッド・ツェッペリン「天国への階段」を奏でます。
けっこう有名な曲ですね、知ってる人は知ってると思います。



早速弾いてたら、木の陰から....




なんとリコーダー登場wwwwwww



ちょっとこのリコーダー、どんどんボリュームがwww


後半、完全にギターの音色かき消してやがる....



主張強すぎるwwww



はい(笑)

楽器弾くぜって言ったら友達が歌で合わせてくれるとのことで、
来てくれたのですが、もってきたのは何故かリコーダーでしたw

完全にネタになってしまいましたが、
良い息抜きができました。












プロフィール

B.りっちー

Author:B.りっちー
多趣味女子大学生。
最後の学生生活でできることってなんだろう。
ぶっとんだことしてみたい。
バカなことしてみたい(´゚д゚`)


フォローミー!↓↓

ランキング参加中!
ポチってくれたら ニヤニヤします(私が)
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。