スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押すな?...押すなよ?と言われると押したくなる心理





人気ブログランキングへ

↑【このボタン、絶対おすな!!!!!!】




「痩せたくない人は絶対見ないでください。」
「結婚したくない人は絶対見ないでください。」


こんな広告を目にしたことはないですか?

TC160130090I9A6530_TP_V.jpg



禁止されると、やりたくなってしまう人間の心理、
「カリギュラ効果」というものがあります。

名前の由来としては、ローマ帝国の皇帝カリギュラをモデルにした1980年の映画「Caligula」が
過激な内容のため、ボストンなどの一部地域で公開禁止となり、こうした公開禁止という制限が、
かえって話題を呼んだということに由来します。




これが、例の映画ですね..。↓↓
気になってあらすじとか色々調べてみたんですが、
けっこうエグイですね( ;∀;)ジャンルは、ハードポルノといったところでしょうか...
公開禁止になるのも分かる気がする...。





ある心理学の実験では、
「絶対にこのボタンを押さないでくださいね。」と渡された赤いボタンを
被験者全員が押すなんてこともあったそうです(笑)


某芸人でも、熱湯風呂をのぞき込みながら、
「押すなよ?押すなよ?」って言ってる人いますよね。
彼は、結局押されて熱湯に頭をつっこむことになるのですwww


なぜ禁止されると、逆にやりたくなってしまうんでしょうか。


その答えとしては、
人間は原則、自分の行動や感情は、自分で決めたいと思っているからです。
その自由を「禁止」という形で奪われると強い「ストレス」感じ、
そこから自由になりたいという心理が働くのだそう。



お酒は二十歳になってから。
→は!?飲ませろ!!

モザイク・ピー音
→はずせや!!

言うな
→言わせろ!!!

浮気するな
→させろや!!


となるわけですね(´゚д゚`)



このカリギュラ効果を利用して商売している人は、
本当は勝ってほしいけど、あえて買わないでください
と言っているのです。

なんてツンデレな奴なんだ!!




でも、最近こういう広告多くないですか?
そういう心理を利用した戦略だっていうことが私は
分かっているのでまたかよって正直思ってしましいます(笑)


やりすぎも良くないですね。




以下、りっちーが参加しているブログランキングです。
このボタン..押さないでください。

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

と書いても、記事の後に載せたので
本当に押さない人がほとんどでしょうww
(記事の冒頭に載せたブログランキングと比較してみたい。)

もう押しても押さなくてもどっちでもいいです(´゚д゚`)wwwwww











スポンサーサイト

満員電車が不快な理由



満員電車は好きですか?



PAK42_asanohomenorassyu1323-thumb-autox1600-16447.jpg





「好きだ(´゚д゚`)!」


っていう人がいたらその理由をぜひ教えてもらいたいですwwww



はい、やってまいりました。
りっちーの心理学講座です。(パチパチパチ)


私は東京の大学に通っているのですが、1限の授業がある時は
嫌でも満員電車に乗らなきゃいけないんですよね( ;∀;)
(一時期、痴漢がヤバくて女性専用車に乗ったこともありましたが、それはそれで香水の匂い、女性の図々しさを目の当たりにして恐ろしかったですw)



4年生になって、大学に行く頻度はだいぶ減ったのですが、
満員電車は正直しんどいです。
もう一生乗りたくないwww


何が嫌かって、座れないとか身動きができないとか
挙げたらキリがないんですが、1番の嫌なポイントは、
『見ず知らずの他人と密着すること』にあるのではないでしょうか。



心理学用語で「パーソナルスペース」というものがあります。
実は3年の時は、このパーソナルスペースを中心に勉強していました。
満員電車の不快感は、このパーソナルスペースと関係が深いです!!


ここで解説していきたいと思います。


そもそもパーソナルスペースとは、

他人に近付かれると不快に感じる空間のことで、パーソナルエリアとも呼ばれる。
一般に女性よりも男性の方がこの空間は広いとされているが、
社会文化や民族、個人の性格やその相手によっても差がある。
一般に、親密な相手ほどパーソナルスペースは狭く(ある程度近付いても不快さを感じない)、
逆に敵視している相手に対して広い。相手によっては(ストーカー等)距離に関わらず
視認できるだけで不快に感じるケースもある。



Wikipedoaから拾ってきましたww
いわば動物でいう、縄張りみたいなものです。


「パーソナルスペース」という言葉を一度は聞いたことある人もいるかもしれませんね。


アメリカの心理学者エドワード・ホールさんがこのパーソナルスペースを4つの距離に分類しています。

密接距離(0cm~45cm)恋人の領域
個体距離(45cm~1.2m)友達の領域
社会距離(1.2m~3.5m)知人の領域
公共距離(3.5m~)大衆の領域




これを参考に人付き合いするといいみたいですね。

満員電車の場合、この密接距離に人が侵入しているということに
なりますから不快感が増すんですよねwww
この不快感をなくすには
満員電車に乗っている全員と恋人になるしかありません。

できるわけねーだろ...(´゚д゚`)



人によってパーソナルスペースは様々で、
狭い人もいれば広い人もいます。

それぞれ特徴をまとめたいと思います。




●男女

・wikipediaにもありましたが一般的には男性の方がパーソナルスペースは広いです。
男性はパーソナルスペースが前方に長く楕円形になっていると言われています。
(男性は正面に人が立つことに対して警戒心が強い傾向です。)

女性はパーソナルスペースは前後左右一定で丸い形をしています。



●年齢

・40歳前後が一番パーソナルスペースが広い。
(40歳前後の人に近づく際は気をつけよう!)
→ある調査によると、年齢が上がるにつれて大きくなる傾向にあり、40歳前後で
最も大きくなり、その後再び小さくなるという結果が出ています。
40歳前後で距離が最大になるのは、その年齢の人たちが社会の中で最も独立性を要求されている
ためで、それ以降から小さくなるのは、老化による筋力の衰えが始まり周りの助けが必要になってくるためだといわれています。



●性格

・外向的な人→パーソナルスペースが狭い。
(ある程度近づいてもOK)
・内向的な人→パーソナルスペースが広い。
(いきなり近づくと危険w)



●恋愛

恋愛では相手のパーソナルスペースにどれぐらい入り込めるかがカギ。
いきなり踏み込むとアカンです。少しずつね(´▽`)
異性間では『不快→意識してしまう』に変わる。

あなたが
男性→女性の横から近づくとGood。
女性→男性の前方に立つとGood。



●座る位置で変わる役割

・競争するとき→向かい合う
・協力するとき→横にならぶ
パフォーマンスの向上にGood...!



ということでした。
何か思い当たるふしはありましたか?(笑)




大学で、あるアンケートをとりました。

「電車で座るなら端と真ん中どっちがいいですか?」

この質問に50人中49人が端をえらびました(笑)
(どんだけ好きなんだよww)
端だとパーソナルスペースが片方しか侵害されませんからねw
よく1番端の席が空いたら移動して座る人いますよね。

いずれにせよ、人間は自分と距離が近い人に好意を持つ傾向があります。
相手が不快に感じないギリギリの距離を攻めれば人間関係が良好になるかもしれません。
相手の性格、性別、年齢を見定めて、適度な距離で接してみてください( `ー´)ノ

<おまけ>
エレベーターに乗った時とかなんとなく気まずくなって
表示されている階数をじっと見つめていた経験はありませんか?
これは、本来進入してほしくないパーソナルスペースを他人に犯されているため
感じている不快感を、別のものに集中することで緩和させているのです。









幸福感の50%は遺伝で決まるらしい。


こんにちは、りっちーです。
毎日、おもいつくままにブログを更新しているので
ジャンルが定まりませんwww

本日は心理学について書きたいと思います。



実は、大学で心理学を専攻してるんですよ( `ー´)ノ
なんで心理学学んでいるかというと、「スキル」として
将来、ビジネスや私生活に役立てばいいなと思ったからですww


実際、役に立っているかは分かりませんが、
純粋に心理学という学問が面白いので楽しんで学んでいます。



卒論のテーマは「幸せ」についてですww
幸せ×心理学のことを「ポジティブ心理学」というみたいです。


いやね、単純に人間の欲求あるじゃないですか、例えばこちら。

・美味しいものが食べたい
・お金持ちになりたい
・結婚したい



これらが叶ったことを考えてみてください。

・美味しいものが食べたい
一時的な幸福感に満たされる
・お金もちになりたい
欲しいものが買えるor選択肢が広がる→幸福
・結婚したい
パートナーと家庭を築く→幸福



といったように、人間の欲求の先には「幸福」があると思うんですよ。
幸せをのぞまない人なんているのでしょうか?
(ちなみに私の友達の中に、悲劇のヒロインになってみたいとか言ってるドMちゃんがいますww)



『幸福になるために一番、関係の深い因子を突き止めたい』と思ったんです!!
それが分かれば、幸福に少しでも近道ができるんじゃないかと..。
人生の攻略本を今のうちに作っておきたいと...(笑)




大学の勉強は厄介です(笑)
Wikipediaとかネットで調べたものを教授に見せても突き返されます。
「根拠がない!論文探してこい。」



メンドクセエナ...(´゚д゚`)


色んな論文を嫌々漁っているうちにいきついた答えをここで共有したいと思います。



【幸せの50%は遺伝子で決まっている。】

これはカリフォルニア大学のソニア・リュボミルスキ教授による見解です。
彼女は一卵性双生児を詳しく調べることでこれを解明しました。
彼女の著書である『幸せがずっと続く12の行動習慣』に詳しく書いてあります。
興味がある方はこちらをご覧ください。



生まれつき不幸を感じやすい人は、どんな状態にあっても不幸で、
幸福を感じやすい人は、どんな境遇にいようと幸福
だということです。
これが本当だったら残酷ですね..半分が遺伝で決まっているなんて( ;∀;)


LykkenとTellegenっていう人が1996年に発表した論文にも、
「人には遺伝的に決定された幸福のSet Pointが存在し、一時的な高揚や気分の落ち込みは存在するが、終息するとベースラインとしてのSet Pointに戻る」と書いてあります。

この幸せが遺伝によって決まるという説は根拠がありそうです。


【じゃあ残りの50%って何?】
同じくリュボミアスキーによると、残りの50%の内訳として、
環境が10%、意図的な行動が40%だといいます。


この環境というのは、教育、収入、既婚者か独身者かなどのことです。
先ほどの欲求の一例にもあった、

・結婚したいや、
・お金が欲しい


といった欲求は10%しか相関がなかったのです!!


自分でなんとかできることで人生で変えられる環境要因として、

・騒音のない住居に住む、
・長時間通勤を避ける、
・人間関係を良好にする、
・外見に気を使うこと


が挙げられます。



幸せになるための残りの40%にあたる
【意図的な行動】とは具体的に何をすれば良いのでしょうか?



ミハイ・チクセントミハイというハンガリー出身の心理学者が
提唱したもので興味深い言葉を見つけました。
「あなたの強み(フロー状態になれるもの)を見つけ、特に友人を助けたり、恩人に感謝を伝えたりといった人間同士の結びつきを強化する活動に用いることで幸福感を増大させることができる」

なるほど。この意図的行動で幸せをつかむためには
「フロー状態」を作り出すことが大事なのですね。


「時間を忘れて何かに熱中した」という経験はありますか?
このような「のっている」状態のことです。
フローな状態を作りだす条件として、

・完全に注意を向けられる挑戦であること、
・その挑戦に見合った能力をもっていること、
・課題の達成のフィードバックがすぐに得られることを挙げています。




完全に没頭し、自分の強みが活かされ、我を忘れさせてくれるよう活動が
幸せをつかむための条件みたいですねーー。


私は一時期、バンドでデビューを目指して頑張っていました。
高校生のガールズバンドです。
いいところまでいったんですが、メンバーが大学進学を選んだ関係で
活動を断念しなければならなくなり、解散したんです。
デビューという夢に向かって頑張っていた時期を思い出すと胸が熱くなります。
「あの頃は輝いていたなぁ」と...。



皆さんはどうですか?
フロー状態になれるようなもの、見つけてますか?

プロフィール

B.りっちー

Author:B.りっちー
多趣味女子大学生。
最後の学生生活でできることってなんだろう。
ぶっとんだことしてみたい。
バカなことしてみたい(´゚д゚`)


フォローミー!↓↓

ランキング参加中!
ポチってくれたら ニヤニヤします(私が)
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。